ルバーブジャム

2019年5月18日 Posted in Blog Posted in 3 ジャム
季節が変わり、少しずつジャムのラインナップも変わって参りました。

グレープフルーツに続いて次に登場はこちら
60356462_2308965939142534_9053135549174382592_n.jpg
ルバーブです。
タデ科ダイオウ属に分類される植物で、和名は食用大黄。
セロリやフキのような見た目ですが、セロリほど青臭くはなくレモンのような酸味があるのが特徴。

こちらをジャムにするとこんな感じに仕上がります。
60629851_2308965899142538_7529067246002372608_n.jpg
地味な色味、、
味わいはアプリコットジャムのような甘酸っぱさで、ちょっと懐かしいような素朴な風味。
繊維はトロリと溶け込んで筋っぽさはありません。
いちごやマンゴーみたいなスター性はありませんが、たまに妙に食べたくなる時があるんですよね。


ただいまのジャムのラインナップは6種類になりました!

●ラズベリー&バナナジャム(定番)
●パイナップル&マンゴージャム(定番)
●浅野さんちのいちごジャム(在庫僅少)
●ブラッドオレンジママレード
●グレープフルーツママレード
●ルバーブジャム

パンやヨーグルトのお供にぜひ!

天気予報の予想最高気温がぐぐっと上がってきましたね。
夏が来るなあ。
梅雨が先だけど。
今もそれほど変わってないけど、この頃のカジくんかわいくて悶える。

グレープフルーツママレード

2019年5月14日 Posted in Blog Posted in 3 ジャム
確かあれは春先に見たニュースで、
「グレープフルーツ離れ。グレープフルーツを知らない人が増えている。」
え!知らないって!!とものすごく衝撃をうけました。

食べるのが面倒くさいとか、苦みが子供向きじゃないとか、薬との飲み合わせが悪いとか、
いろいろあるようです。
お酒が飲めるようになった若者は、居酒屋でまずビールと生グレープフルーツサワーを知るものだと思ってたんですけど。
今の若者は違うのかもしれない。
まずはスプマンテかカヴァある?とか言われたらちょっと腹立つかも、、笑

そんなグレープフルーツですが、日本でも栽培する農家さんが増えているようです。
今回は高知県土佐産のグレープフルーツを入手し、ママレード作りに挑みました!
60329434_2305515136154281_1869026482815238144_n.jpg
でかい!くまパンと比較してみましたがでかい!
こちらはダンカン種という酸味が強く、種も多い野性的な品種のグレープフルーツです。

これを皮と実に分け、皮は刻んで湯こぼし、実は房から取り外して、
とママレードに仕上げていきます。
この途中の工程は写真撮ってる場合じゃなかったのでありません。。。

瓶詰めして脱気してこの状態。
60179018_2305515122820949_3091174691205808128_n.jpg
酸味が程良く存在していてほろ苦みも少々あり、さっぱりしたジャム。

そしてわたしはスプーンに美味しそうに見えるように乗せるということのむずかしさを知りました。
60355291_2305515076154287_4308784381884891136_n.jpg
写真を撮るって難しいよね。

前回の記事で低い声が好きだと書きましたが、高い声も耳心地が悪くないやつは悪くないなと思ってます。
たとえばこんな感じは良き良き。
適度に肩の力抜けてる感じの曲たちが心地よくて、割と若いミュージシャンの中では結構お気に入り。
一緒にナーナー言って鼻歌歌ってしまいます。
あなたもどうぞ。

いちごジャム2019

2019年3月29日 Posted in Blog Posted in 3 ジャム
お待たせしました!今年もいちごジャムが出来上がっておりましたー!
例年通り、横芝光町にあるストロベリーハウスアサノさんちのいちごを使用しています。
55444911_2231031266936002_4222907232355876864_n.jpg
摘みたてのいちごたちのキラキラ輝かしいこと。
どこからどう見てもポジティブ要素しかないですね。

そんないちごを土鍋で優しく火入れして、粒を崩さずに炊き上げます。
55627820_2231031296935999_5394662353239277568_n.jpg
灰汁が多いので丁寧に丁寧に取り除きます。
ソースのようなとろみはゆるめの仕上がり。

旨いです。
そもそもいちごが旨い!


ストロベリーハウスアサノさんのいちごは横芝光町の道の駅で購入できます。
また、繋がりのあるカフェなどの飲食店にも卸しています。
Facebookページで紹介されていますのでチェックしてみてください↓
プロフィール画がこれまたポジティブ要素しかないですね。
このままのあたたかなご家族です。

今回大量に仕入れたので70本以上ジャムが出来上がっております。
が、ほいほい売れてますのでお早めにどうぞー

仕入れに行った日はとても気持ちの良い晴天で、日差しは強いが風が冷たくて、車の窓全開にして鼻歌歌って往復3時間。
こんな曲をかけて田舎道ドライブ。
そりゃもうごきげんな感じですよね。
ただ、この季節をなめてましたわ。
杉か檜か分からないけど花粉を浴び過ぎて、翌日に目鼻喉がパニック状態になりました、、地獄を見ました、、

はるかのママレード

2019年2月26日 Posted in Blog Posted in 3 ジャム
ジャム作りに勤しむ今週。
ブラッドオレンジと共にはるかも入荷しておりました。
はるか、、え、誰それ?
こちらがはるかさんです↓
IMG_20190225_102327_940.jpg
見た目はデコポンみたいで、レモンや柚子のような香りがします。
はるかは日向夏と柚子などの柑橘の交配品種。
日向夏のように皮と実の間のしろいワタの部分も食べられ、実はさっくりした歯ごたえで酸味は強くないけどさっぱりした甘味です。

皮を千切りにして湯でこぼし、実はざっくざくに刻んでママレードに仕込みます。
IMG_20190225_122232_120.jpg
さわやかな色味。

ことこと煮込んで糖度を上げていきます。
IMG_20190225_134224.jpg
ほろ苦くビターな春らしい味に仕上がりました。
学生生活を終え、意気揚々と夢いっぱいに社会に飛び出した若者の初めての挫折。くらいの苦みです。
それがいずれ旨味に変わるんだ、みたいなフレッシャーズにしか出せないキラキラ輝くさわやかな苦み。
わたしが今現在なにかに挫折してもサザエの肝みたいな苦みしか出せない、、

そんなこんなでジャムの仕込み強化期間が終了しまして、ただいまのラインナップは6種類!過去最多!
●ラズベリー&バナナジャム
●りんごと赤ワインとスパイスのジャム
●パイナップル&マンゴージャム
●いよかんママレード
●ブラッドオレンジママレード
●はるかママレード
おいおい作り過ぎだろ、、ってくらいレジ横の棚が非常に充実しております。
ぜひパンと共にお求めくださいませ!

唐突ですが、The Staple Singers好きなんですよねえ。
こういう熟練されたほろ苦さはどうしたら出せるんだろうか、、
かっこいいな、、
歳とるごとにかっこよくなるタイプの人たちがうらやましい。
わたし普通にババアらしいババアになるタイプだからなあ。

ブラッドオレンジママレード

2019年2月24日 Posted in Blog Posted in 3 ジャム
色々な柑橘が出回ってまいりました!
今年も去年に増してママレードを作りまくりますー!

今日はブラッドオレンジが入荷しまして即ジャムに!
なんと愛知県産なんです。
日本でも育てている農家さんが増えているようです。
IMG_20190224_124531_247.jpg
香りが普通のオレンジと全然違うんです。
オレンジのさわやかさにバニラが加わったようなとっても甘く濃厚な香り。

断面はこんな感じ。知らずに切るとドキッとしますね。
IMG_20190224_131314_790.jpg

ぎょっとするようなバイオレンスなお色で、味を知らないと「おいしそー!」とは素直には出てこないかも。笑
IMG_20190224_131602_479.jpg
絞るとさらに血液のようでありますが、これがおいしいんですね。
よく出回っているバレンシアオレンジとは違った凝縮感のあるコクのある甘味。

皮を刻んでゆでこぼし、果汁と合わせて煮込みます。
IMG_20190224_160313_998.jpg
ちょっと紅ショウガぽいんですけど、ママレードです。

大量に仕込んだので、瓶に詰めて店に並べたころには閉店時間でした、、
IMG_20190224_170006_919.jpg
ただいまのジャムのラインナップはこれでなんと5種類!
●ラズベリー&バナナジャム
●りんごと赤ワインとスパイスのジャム
●パイナップル&マンゴージャム
●いよかんママレード
●ブラッドオレンジママレード

どれも大量に仕込んでますんで、在庫豊富にございます!
これに加えてもう一種類ママレードを仕込む予定です。
どれ使おうか悩むくらい国産の柑橘類の種類があって楽しい季節。

もう春の気配がじわじわと来ていて、お客様のフットワークも軽くなっているように感じる今日この頃。
こんな軽やかでドリーミンな曲が聴きたくなるのでした。
1  2  3  4  5  6  7  8  9