ブルーベリー&スパイスジャム続行

2018年10月19日 Posted in Blog Posted in 3 ジャム
ボジョレー・ヌーヴォーのご予約も順調に埋まっていきつつあり、
白ワインのマコンヴィラージュ・ヌーヴォーが先に完売していたのですが、
入荷数を増やすことが出来ましたので引き続きご予約承っております。
どうぞよろしくおねがいしますー!
ボジョレー・ヌーヴォーのご案内はこちら

夏からお作りしているタンジョウファーム産のブルーベリーを使った「ブルーベリー&スパイスジャム」ですが、
とても好評いただいており、あのスパイシーさは冬にも食べたいな、ということで再度仕込んでます。
まだタンジョウファームさんに今季のブルーベリーが残っていたので。
44490346_1997379650301166_8791771073927446528_n.jpg
色が濃すぎて何が入ってるのか分かりにくいですが、、
粒を残して煮あげています。

お客様から、牛乳パンにマスカルポーネチーズとこのジャムを乗せて食べるのがとても美味しいと教わりました。
なにそれ素敵な、、やらねば、、でもマスカルポーネチーズここらへんで売ってないよー!
と思ったらすぐそこのスーパーで売ってました。
食の多様化もここまで来たのね。便利な時代、、

ちなみにわたしはライ麦パンにクリームチーズとブルーベリージャムを乗せるのが好きです。
フレッシュチーズとの相性が良いってことかな。

タンジョウファームキッチンさんといえば、来月11月25日(日)に収穫祭が行われます。
当店は店の営業があるので商品(焼き菓子)のみ収穫祭にお邪魔させていただくこととなりました。
ご予定に入れていただけると嬉しいです~

やっぱジャズかな。というここ最近。
ウッディ・アレン監督作品の映画のサントラってなかなかいいんですよねー
映画も、飄々としてるけど伝えたいテーマみたいなものがびしっと筋を通っていて好きです。

季節のジャム増えてます

2018年6月29日 Posted in Blog Posted in 3 ジャム
本格的に暑くなってまいりました。
発酵が元気になっていくのに反比例して、わたしはげんなりしております。
アルコール発酵から生み出されるガスの威力がすごいです、、

さて、新しいジャムが2種類登場してます。
まずはピンクグレープフルーツのマーマレード。
35517470_1765044146877984_8045520970103914496_n.jpg
鮮やかな色!この断面を見ただけで元気になりますわ。
愛媛県産の減農薬栽培、ワックス・防腐剤不使用のものです。

マーマレード作りは半日かかってしまうのですが、それだけ時間をかける意味があるおいしさ。
3kgくらい皮の処理をしてると、ふっと気が遠くなる瞬間に何度か襲われます。
35721695_1765044193544646_4654637267640385536_n.jpg
さわやかなグレープフルーツの香りとジューシーな味わいを瓶に詰め込みました。
朝の景気づけにぴったり。どうぞお楽しみくださいませ。

お次はこちら。
36307096_1837805809591885_7046329410311421952_n.jpg
タンジョウ農場産のブルーベリー。
赤ワインとスパイス(シナモン、クローブ、カルダモン、バニラ)に一日漬けこんでから炊き上げました。

出来上がりはこちら。あまり見た目は変わらない、、
36326973_1837805756258557_3006874511933964288_n.jpg
ブルーベリーの粒をごろごろと残して、ソースのようなとろみに仕上げてます。
口に入れるとスパイスの香りがふわっと鼻に抜けて、なんとなく贅沢な気分になる大人のジャムです。
バニラアイスにかけたり、鶏肉のソテーにちょろっと添えたり、ソーダで割ってもよろしいかと。

グレープフルーツのマーマレードが朝向きならば、こちらは午後から夜のまったりタイムにぴったりです。
今日も一日がんばったわたしを褒めたい時にどうぞ。
どこかの誰かに代わってこのジャムが気分をリラックスさせてくれるはず。おそらくですが。

ただいまのジャムのラインナップは、
●ピンクグレープフルーツのマーマレード
●ブルーベリーとスパイスジャム
●ラズベリー&バナナジャム
●パイナップル&マンゴージャム
●ルバーブジャム
の5種類となっております。

当店のジャムは糖度を40~45度の低糖度に仕上げています。
以前までは、賞味期限を3か月と短めに設定させていただいてました。
ここ数年かけて未開封で1年以上経過したジャムの状態を何度も確認し、問題が無かったために賞味期限の設定を製造から1年に変更することにいたしました。
(日本ジャム工業組合が定めている糖度と賞味期限の設定を参考にしています。)
当店のジャムは瓶詰め前の瓶と蓋の煮沸、瓶詰め時のジャムの温度、瓶詰め後の脱気をしっかり行っております。
賞味期限は未開封の場合の期限ですので、開封後は冷蔵庫で保管しお早めにお召し上がりください。


それにしても梅雨明け早すぎるわー
やっぱりまだ明けてませんでした~~って梅雨寒再来するのをさ来週あたりに希望しています。天気の神様、、
夏はちゃらめの音楽がなぜこんなにも似合うのか。
ねっとりしたバラードなんて聴いていられぬ。

ブラッドオレンジのマーマレード

2018年3月16日 Posted in Blog Posted in 3 ジャム
国産の柑橘類がこんなにも豊富だったと知ってから、マーマレード作りブームのボングーです。
現代の技術が進んだ農業と、素早い流通に万歳。

今回は3月に収穫期を迎えた愛知県産のブラッドオレンジを入荷しました。
ジュースなどの加工品でしか食したことがなかったのでわくわく。

こちら、ブラッドオレンジでも色の濃い品種のモロ種。
29176844_1660901897292210_4202317605815451648_n.jpg
非常に毒々しいですね。
皮の香りはよく知っているオレンジとは異なってバニラのような甘い香りがします。
果肉はジューシーでとても甘い!

他の柑橘同様に皮を刻んでゆでこぼし、果肉、果汁、種と房も全部一緒に煮込みます。
ワタの部分が苦みがなかったので皮から外さずそのまま使い、肉厚な皮になっております。
29177999_1660901863958880_2265207670791208960_n.jpg
オレンジの味を凝縮したようなくっきりとした味に仕上がりました。
鮮やかな赤で朝から食べたら目が覚めそうでいいですね。

たくさん出来ましたのでぜひぜひお試しくださいませ!
29101337_1660901820625551_4347695587290775552_n.jpg


Blood Orangeというアーティストがおられますが、名前と違ってこの方の服装とPVは全体的に白っぽいのが多いのが謎。

いちごジャム再仕込み

2018年3月 8日 Posted in Blog Posted in 3 ジャム
季節の変わり目、気温・湿度の変動の激しさに温度計が手放せません。
捏ねあげ時の生地の温度でパンの出来がほぼ決定する。みたいなとこがありまして。
角食パンは捏ね始めから焼上がりまで6時間かかるので、捏ね上がった段階で良くないと残り5時間半は生地の状態を細かく調整する必要があり、あーあ余計な工程が増えちゃったよ、、となるんですね。笑
調整は出来ますけどベストではないですし、他の生地の工程にも影響が出てしまうので生地温の失敗はなるべく避けたい。
そんな内部事情はどこ吹く風で、今日と明日の気温差が激しい模様。

昨日は再び横芝光町のストロベリーハウスアサノさんのいちごを仕入れに行ってました!
その日のうちにジャムにして店頭に並びましたー!
28782813_1656538881061845_6421818419326222336_n.jpg
粒がごろごろっ!
ぜひ一度ご賞味ください!!

3月、花粉辛し

2018年3月 2日 Posted in Blog Posted in 1 パン Posted in 3 ジャム
3月に入った途端に花粉症症状が、、
28日までは余裕だったのに。
マスクとメガネで顔を覆っての接客が続くかもしれません。メガネ曇っちゃったりお見苦しくてすみません。
花粉に苦しみつつも他は健康に、3月もいつも通り水曜定休日以外は営業いたします!

さて、いちごジャム完売しました。
次回7日に仕入れに行ってまいりますので、9日にはまた棚に並んでいると思います。

いよかんの皮が良い状態のものが手に入らなかったので、甘夏に切り替えになりました。
ハチミツを加えてまろやかな甘味とほのかなはちみつの香りのマーマレードです。
苦味はほぼ取り除けているのでどなたでも食べやすいと思います。
28379809_1649097518472648_864274919231375088_n.jpg
食パンにたっぷり乗せて。

明日はひな祭り。
大人のひな祭りにロゼワインなどいかがかなと。
これから桜の時期にかけてロゼワイン需要が高まります。
普段からロゼを飲む派としてはこの時期だけやたら売れるのが複雑ではあるんですが、日本人の季節感と色彩感覚ならではなのかな。
今も昔もやはり春は桜色。
日差しも空気も柔らかく淡いイメージですね。
最近、源氏物語を読んでいるもので、昔の人はこんなにも風情のある言葉で身の回りの自然と重ね合わせて心情を詠むのかと感嘆しているところ。
言葉がまわりくどければくどいほど巧いなーッ!ってうなったり。笑
そういう感覚は鈍くなって薄れていても残っているからロゼワインが売れるんでしょうかね。

で、そんな繊細な和の心を語っておいてなんですが、まるで皆無・ザ・欧米なこちらを明日はお焼きします。
28056622_1636848846364182_234395148748551334_n.jpg
ラムレーズン入りのクロワッサンダマンドです。
ラムレーズンをがつっと挟んで、レーズンを漬けてほのかに甘くなったラム酒を軽くかけ、アーモンドクリームで覆って焼きます。
まーこれは背徳感なしには食べられない、こってり濃厚、罪な味。
これを平安時代の人が食べたらどう思うんだろう。


鳥のさえずりにも春を感じたりという事で、こちらの曲を。

1  2  3  4  5  6  7